スマブラSP:こどもリンクでVIPに到達するためのメモ

エンターテイメント, スマブラスマブラ

こどもリンクでVIPに到達するための立ち回りや方法を細かく書いてみた。

他のスマブラ解説

ミュウツーでVIPに到達するためのメモ

クッパでVIPに到達するためのメモ

こどもリンクでVIPに到達するためのメモ

トゥーンリンクでVIPに到達するためのメモ

サムス・ダークサムスでVIPに到達するためのメモ

難易度 B:普通

操作性はトリンとあまり変わらなかった。
しかし、飛び道具の性能がトリンより良く、
回転斬りがコンボに使えるので%稼ぎがめちゃくちゃ楽。

困ると想定していたバーストも意外となんとかなった。
DA・前投げ・上スマッシュ・空前・空上あたりを当てなきゃいけないが、
飛び道具が強すぎて相手が飛び込みたがるので何とかなる。
相手のジャンプに空前・空上。飛び込みに合わせて上スマッシュで処せる。

バ難状態に陥っても守備的に飛び道具をばら撒いておけば、
さしてダメージを負わずに相手だけ超高%になる。
そうなれば横強・上強などでもバーストできるのでどうにでもなる。

相手がガン待ち系の人でも待ち性能はこちらのほうが高いので、
弓矢で嫌がらせして動かすことができる。
使っていて精神的に楽だった。
相手はめちゃくちゃムカついているだろうけど。

苦戦を想定していたが思ったより楽だった。
使っていてかなり強いと感じる。
練度が大したことなくてこれなのだから、
本当にうまいこどもリンクは鬼のように強いのだろう。

VIPに入るためのこどもリンクの技解説

NB:弓矢 重要度A

回転率の高い飛び道具。
こいつとブーメランと爆弾で弾幕を張って相手が遠距離攻撃に対応できるか試す。
一回当たると連続で当たることが多いので、連続で撃つのはあり。

序盤はブーメランを斜め上に投げて、真横の牽制は弓矢と使い分けていた。
弓矢が至近距離で当たれば弓矢→空前が確定することがある

こどもリンク使いたての時はずっと地上で打ち続けていた。
試合の中盤にもなるとジャンプで避けられて後隙を狩られることが多かった。
↑の対策として小ジャンプ弓矢・大ジャンプ弓矢を組み合わせた。
緩急をつけることで弓矢を当てられる確率が上がった。
緩急を意識することでガノンやガオガエンなどの足が遅いキャラに対する勝率がぐっと上がる。

相手が飛び道具もちの場合、
お互い遠距離攻撃で牽制しあう塩試合になることが多い。
しかし、ぐっと我慢して待とう。
弾幕の性能は全キャラトップクラスなので待ち勝てる事が多い。

横B:ブーメラン 重要度A

リンク族共通の立ち回りの要

こいつを斜め上に飛ばしておいてジャンプを牽制。
敵に当たらなくても戻りブーメランの存在を意識させることができ、
結果的にヤンリンの守備力を挙げてくれる素敵な技。

近距離で当たればブーメラン→空前が確定する。
貴重なバーストコンボなので、これだけは覚えておくべき。

敵に直接当てる弾は弓矢でいい。
ブーメランは戻りブーメランになったほうが美味しいので、斜め上に投げることをオススメしたい。
こどもリンクは軽いので少しでもバーストされる可能性を下げるため、
常にブーメランによる守備を意識したい。

下B:爆弾 重要度B

三種の飛び道具の中では一番使用頻度が低かった。
とはいえ緩急をつけるために常に生成はしておきたい。
爆弾生成→斜め上にブーメラン→弓矢→相手の動きを見て爆弾をぶん投げる
というセットで僕は運用していた。

他の弾と同じく近距離で当たれば空前が確定する。
こどもリンクのバーストは三種の弾を当てて→空前がメインの択。

大きく吹き飛ばされた時はとりあえず爆弾を生成してから崖に戻るといい。
相手に小突かれて上B復帰が届かない場合でも、
爆弾が爆発することでもう一回上Bが出せるようになる。

相手の復帰に対して真下にぶん投げて当てることで%稼げるし、
たまに回避が暴発して事故ってくれるので、崖上から投げる弾としては最適と思う。

崖外で爆弾を当てた後、
「崖下から復帰しようとする相手」に空前で襲撃するとやたらヒットする。
トゥーンリンクの記事でも書いたが、
Vip前だとなぜか当たりやすいので使ってみてほしい。
貴重なバースト択。

上B:回転斬り 重要度A

ガーキャンで使用する%稼ぎのメイン。
しかもこどもリンクの回転斬りはコンボが繋がる。
回転斬り→空上
が確定する。

この技の何が強いってその後隙の無さ。
相手にガードされてもその場回避仕込めば相手の攻撃を避けられる。
回転斬り→相手ガード→その場回避で後隙を狩ろうとした攻撃を避ける→回転斬り→空上
という展開にもっていける。
子供リンクの回転斬りの後隙の無さを知っている人は弱などの速い技で対応してくるが、
vip前にそんな有能は少ない。

回転斬り→空上 のコンボを当てた後、相手は真上に吹き飛ぶ。
相手には崖に逃げる・遠い地点に空中移動する・空下で暴れる、などの選択肢がある。
vip前だと空下で暴れる人が非常に多かった。

なので相手の空下をガードし、もう一度ガーキャン回転斬り→空上 のコンボを食らわせることができる。
回転斬り→空上→相手の暴れをガード→回転斬り→空上
という展開は覚えておくべき。
学習しない人が相手なら3セットくらい入る。

有能は回転斬りに対しベク変してくる。
その場合、空上でなく空前や空後でコンボしないといけない。
最初はベク変してなくても中盤くらいから学習する人が多いので、
ベク変された時の行動は意識しておきたい。


トゥーンリンクと違って回転斬りでバーストができない。
とはいえヤンリンの回転斬りはコンボで使用可能なのでどっちも強い。

個人的にはトリンの回転斬りより好き。
空下で暴れてくれる人が多すぎるので%稼ぎが簡単だし、
適当にパナしても後隙がめっちゃ少ないのでさほどリスクがない。
神の技。

弱 重要度C

使いやすい百裂系の弱
空Nをガードされた後などに使って後隙を狩ろうとした相手を逆に狩ったりできる。
近距離の暴れに使うことが多い。
クッパやカズヤなどのアーマー持ちに使うと、殺されるので注意。

DA:ダッシュアタック 重要度B

バーストも狙える使いやすいDA。

さえ溜めてしまえばバーストが可能なのが嬉しい。
前投げでもバースト可能なので、
ヤンリンが突っ込んだ時に相手に読み合い(DA or 前投げ)をしかけられる。
上記に加えて爆弾や弓矢からの空前という選択肢もあるので、
思ったよりバーストできる。

弓矢や爆弾を中距離で当てた時、相手は軽く浮く。
距離的に空前が当たらない時はDAで着地狩りするといい。

横強 重要度C

あまり使わなかった技。
相手が超高%の場合、崖の回避上がりを横強で狩ってバーストできることは覚えておきたい。
トリンの横強に比べてかなり弱いと思う。

下強 重要度C

コンボ始動技にして、
下強→空前下強→上Bでバーストも可能な有能技。

だが、僕は下強の振り方が下手くそなのであまり使っていなかった。
相手に当てられるなら積極的に振るべき。
下強をうまく当てられたらもっとスマブラがうまくなれるのに…。
 

上強  重要度D

対空技として空上が有能すぎて、ほとんど使わなかった技。
たまに気分で対空技として使うくらい。
使わなくても良い技。

空N 重要度B

キック系の空Nは強い。
後隙少ないし、判定も強い。
近距離では振っていきたい。

相手にガードされてもその場回避仕込んで、相手の攻撃を避けて上Bという流れが強い。
またガードされた後に弱を打っても良い。反撃しようとした相手を逆に狩れることもある。

超高%だとバーストもできる。

空前 重要度A

メインバースト択。
各種飛び道具から空前が繋がる。
ヤンリンは飛び道具が強いので、相手のジャンプ読みに置く運用も良い。

体感だが、トリンの空前より当てやすかった。
おそらくヤンリンのほうが飛び道具が凶悪なのが影響してると思われる。

各種飛び道具や回転斬りループで%を稼ぎ、
各種飛び道具から空前でバースト。

という流れがこどもリンクの基本。

空後 重要度C

回転斬り後に相手が後ろにベク変した場合に振る技。
上記コンボ時以外はあまり使わなかった。

弱くない技だとは思うが、
積極的に反転空後するほど強くない。空Nでよい。

空下 重要度B

着地暴れに使う技。
判定がけっこう強いので、
インクリングなど空上で襲ってくる相手に突き刺したい。
相打ちして相手だけバーストする、ということが何度かあった。

パルテナとかベレスに暴れるのはやめよう。
やつらの空上強すぎるから…。

バーストに困ったら着地暴れで振ってもいい。
相手の想定を裏切るため、たまに振るくらいがいい。

空上 重要度A

コンボパーツにしてバースト技。
回転斬り→空上 というコンボはヤンリンの主軸。
相手の%が溜まってくると上記コンボが確定しなくなってくるが、
二段ジャンプして空上を振ると持続が長いせいか意外と当たる。
ダメ元で空上追撃したら当たってバーストという展開が多かった。
回転斬りで真上に浮かしたら、なにはともあれ空上で襲ってみるのが良いと思う。

コンボ以外の使い方としては、
相手を浮かせたら真下に入って執拗に空上を狙っていくのが無難に強い。
判定が強いせいか相手の空下に勝てることが多い。
ドンキーなど空下で暴れたがるキャラは空上でイジメやすい。

横スマッシュ 重要度C

二段攻撃スマッシュ。
引きスマッシュで使う。

とりあえず一段だしておいて、当たったら二段目を出すという撃ち方がよい。
とはいえ後隙はあるので、相手が強烈な隙をさらした時くらいしか撃たないという運用が硬い。

下スマッシュ 重要度C

あまり使わなかったスマッシュ。
発生は速いがあまり振らなかった。
飛び道具持ちのヤンリンとしてはそもそも地上の密接状態は避けたほうが強いので、
スマッシュを振る機会がそもそも少ないという理由もある。

回転斬りをガードされた後、その場回避で相手の攻撃を避け、出の速い下スマッシュでバーストを狙う、
という展開は幾度かあった。
バースト帯でその場回避を決めた時には使いたい。

上スマッシュ  重要度B

貴重なバースト択。
飛び道具をばら撒いて、相手のジャンプ差し込みに置いておくと引っかかる。
三段攻撃なので外すと殺されるので注意。

とはいえ飛び道具をばら撒いて意識させた後の上スマッシュは面白いくらい当たる。
特にガノン・クッパ・ドンキーなどのデカキャラは当てやすい。

投げ 重要度B

コンボに使える下投げ。
撃墜に使える前投げ。

序盤は下投げ→空上で%をかせぐ。
終盤は前投げでバーストを狙う。

トリンに比べて前投げでバーストできるのが偉い。
飛び道具をばら撒きながらDA or 前投げの二択を迫るのがとても強かった。

飛び道具でも特に爆弾はガードさせる性能が高い。
ガードされるとその場に落ちるので相手はガード解除を一瞬戸惑う、
その隙に前投げでバーストという展開は何度も作れた。

崖際ならブーメランを投げておいて、戻りブーメランを意識させる。
相手がその場上がりしたら爆弾をぶん投げてガードを誘発、
近づいて前投げでバーストという展開が便利で強かった。

こどもリンクの立ち回り

強い行動は赤字にしています。

序盤

・飛び道具からの空前
・相手がガン待ちなら弓矢連発して嫌がらせ。
・相手の差し込みをガードして回転斬り→空上。相手が暴れたらガードして、もう1セット回転斬り→空上
・爆弾生成→斜め上にブーメラン→弓矢で横の牽制→動いた相手に爆弾投げる。 

 上記セットで相手の処理能力を観察する。
・飛び道具をジャンプで避けようとする相手には小ジャンプ弓矢・大ジャンプ弓矢で撃ち落とす。

中盤

・崖に追い出して、復帰中の相手に爆弾を当てられた場合のみ、飛び出して空前で早期撃墜を狙う。
・ヤンリンの貧弱なバースト能力ではまだバーストできないため引き続き%稼ぎに専念する。

終盤

・DA or 前投げの二択の読み合いをしかけバーストを狙う。
・飛び道具→空前でバーストを狙う。

・飛び道具をばら撒いて、飛び込んできた相手に上スマッシュで迎撃。
・飛び道具をばら撒いて、ジャンプする相手に空上・空前を合わせる。
・自分がバーストしない%なら相手の空上に合わせて空下暴れを選択し相打ちでバーストを狙う。

復帰阻止・崖攻防

基本的には崖外には出ない。
爆弾を生成したり、戻りブーメランの体制を作って崖上がりを狩る体制を整えたほうがよい。
・崖に追い出して、復帰中の相手に爆弾を当てられた場合のみ、飛び出して空前で早期撃墜を狙う。
・崖下の相手に爆弾を投げつける。
・相手が崖に捕まったらブーメランを投げておき、崖上がり後に戻りブーメランで嫌がらせできる体制をつくる。
・崖に捕まり続けて様子をみてくる相手には爆弾を当てる。
・小ジャンプ空Nを置いておく。
・ジャンプ上がりに合わせて空前を置いておく。

バースト拒否

飛び道具をばら撒きながら距離を離しておけばよい。
近場で飛び道具がヒットすれば空前を狙いに行く。

バーストされる%になったら徹底的にバースト拒否しないと、
軽いのですぐに死ぬ。

ストック優位時も徹底してバーストを拒否し、
少しでも相手の%を貯めよう。

終盤になると相手が飛び道具に慣れるため、序盤ほど優位に立ち回れないことが多い。
よってできるだけ先行する展開が望ましい。

ちょっとしたコツ

飛び道具のばら撒き方が単調にならないように気をつける。
意識しないと一定になり、狩られやすくなる。

特にガノンやクッパなどの一発が重いキャラに対しては気をつけよう。
有利相性だが、ヤンリンは軽いので油断すると簡単に逆転される。

こどもリンクの強みと弱み

強み

全キャラトップクラスの遠距離攻撃能力

弾幕を駆使することでバースト拒否はしやすい

%稼ぎがとても楽

弱み

軽い
 重い一撃を食らうと簡単にバーストされる。

ややバ難
 飛び道具処理性能が高い相手だとバーストが厳しい時がある

塩試合
 相手がガン待ちだとお互いに遠距離攻撃をし合うだけになることもある。
他のキャラに比べるとタイムアップする確率も高い

・嫌われる
 高回転の弓矢などで嫌がらせできるので、けっこうな確率で煽られる。
 煽り・切断は日常茶飯事なので覚悟しよう。

最後に

相手にするのはしんどいが、自分で使う分には楽しいキャラ。
オンラインは飛び道具本当に強い。
個人的にはトリンよりもヤンリンのほうが使いやすかった。