【ネタバレあり】スーパーダンガンロンパ2さよなら絶望学園【攻略メモと感想】

エンターテイメント

初めに

ネタバレ全開でチャプターごとの感想と僕のメモを書いていきます。
未プレイ者はネタバレになるので回避推奨。
アニメのネタバレもちょっとあるかも。

プロローグ

主人公、日向創の声が高山みなみ。
…コナン君にしか聞こえない。
自己紹介がてらキャラの名前と容姿が判明していく。
個人的には 辺古山ペコ のキャラデザが結構好みだった。
閉鎖的な1と違い、2は島を散策できる。
2は散策時の視点が主観ではないので日向君のランニング姿が見れるのだが、
なんかちょっとキモい走り方をしている。
ここは1のシステムを踏襲しても良かったんじゃ……。
島が開放的なせいか迫力が足りない気がした。
導入部は1の方が絶望感あって良かったと思う。

チャプター1【プレイ内容】

チャプター1という序盤なのに皆の記憶が奪われていることが暴露される。
1だと終盤まで引っ張っていたのに随分とあっさり提示されてびっくり。
モノクマは「誰か一人目を殺せば記憶を蘇す」と言ったが、これが今回の動機になりそう。
マップで食堂に移動しようとした所、まさかのフリーズバグ。
こまめにセーブしていなかったのでやたら巻き戻されることになった。
これ以降一切フリーズは起きなかったけど、
序盤にフリーズ食らったせいで怯えながらプレイする羽目になった。

最初の犠牲者はまさかの十神君。
この十神君は前作の十神君っぽいし、いきなり亡くなるとは思っていなかった。

チャプター1【マイ推理】

夜光塗料を犯人は使用している?
 つまり犯人は停電することを知っていたはず……。
エアコンのタイマーでブレーカーを落とすことで犯人は停電を引き起こした。
 会場内のやつがあやしい?
十神が暗闇の中で「お前何をしている?」と言った。
 つまり十神君は暗闇の行動を確認できる状態だった。
 ナイトスコープを装備していたのは十神君と推理!
 →正解
検死結果。致命傷はナイフではなく鉄くし?
 →犯人わからん。
狛枝凪斗の名前を入れ替えると?
 ナエギマコトダになる。1から成長した苗木君が狛枝なのかも
 →くそ違いました。まったくの別人です。
結局、犯人の目星もつかずに学級裁判に進むことになった。

チャプター1【感想】

結局、犯人は花村君だった。
故郷の母が心配で、
どうなったのか知りたくて犯行に及んだ。
母への愛が動機とかすげえ切ない気分になる。

学級裁判のシステムは1に比べて複雑化し、
正直面倒くさい。
1くらいの感じで良かったんだけどなぁ。

狛枝君がずいぶんいかれたキャラであることが判明した。
さすがに1の苗木君がここまでオカシクなるとは思えないので、
別人だと思われる。
→正解。全くの別人です。

狛江君が苗木君と別人なら、十神君も同一人物ではないのかもしれない。
そもそも同一人物ならまた高校生やることになるわけだし、
意味が分からなくなってしまう。
→正解。全くの別人でした。

チャプター2【プレイ内容】

九頭竜君の態度が悪い。
典型的な早死するタイプ。
こんなのが逆に生き残れたら大したもんだと思う。
 →最終的に生き残ります。こういう予想を裏切るチュンソフトは素晴らしい。
探索が広くてかったるい。
探索のたびに日向君の奇怪なランニング見るのちょっと嫌だなぁ。
探索中にジェノサイダー翔の正体が世間にバレていることが判明する。
 つまり時系列的には2は1の後のはず。
 →正解
希望が峰学園がジャバウォック島に存在する。
 全く意味がわからない。
 →仮想世界なので、地理的におかしいことが起こり得る。

小泉さん死す。
チャプター1の十神君といい、
まともなキャラから死んでしまうの悲しい。

チャプター2【マイ推理】

西園寺がクローゼットの中にいた。
 怪しいけど、あからさますぎて犯人とは思えない。
 →正解
九頭竜の妹が殺されたことが動機っぽい。
 普通に考えたら九頭竜が犯人なんだけど、簡単すぎな気もする。
最終推理。
 動機的には九頭竜、状況証拠的には西園寺。
 こいつらのどちらかが犯人とみた。
 →クソ違います。犯人はペコちゃんでした。

チャプター2【感想】

犯人はペコちゃんでした。
というか証拠のお面が「ペコちゃん」なんだから気づけよ……。
1の時にも思ったけど、僕には探偵の才能がないらしい。
ペコちゃんが犯人とは思ってなかったので素直に驚いた。

ペコちゃんがシャワールームから脱出する時の方法がちょっと現実的でないのが不満。
竹刀を足場に小窓から脱出って、忍者じゃないんだから厳しい気がする。

ペコちゃんの動機は九頭竜君のためだった。
チャプター2の幕切れも切ない。
心にけっこう負担がかかる話だった。

チャプター3【プレイ内容】

1年前の絶望的事件は学園の予備学科の生徒が不満を爆発させ暴動へと発展したらしい。さらにそこから波及して世界に絶望が波及した。
 1で予備学科の話なんて出てきてなかったはず。
 →アニメ「ダンガンロンパ3_絶望編」を見ると詳細が分かります。

西園寺が九頭竜を罵り責める。
偉そうに言うけど、人のこと言える奴じゃない気がする。
 死体発見したのに自分の身かわいさに逃げたくせに偉そうで苛々した。

コミュで七海と倉庫デート。
あれ?恋愛ゲームだっけこれ?
みたいな気分になった。
むず痒い恋の波動を感じる。
圧倒的ヒロインオーラ。
もしかして前作の霧切さんポジションなのか?
 →正解。というか霧切さんよりヒロイン力高い。
 
弐大君、終里をかばってバズーカの直撃を受ける。
これで死なないってファンタジー……。
終里がバカすぎて全く魅力的に感じない。

絶望病という新設定。
絶望病にかかると性格が真逆になるらしい。
いくら何でもファンタジーすぎでは?
あまりにリアリティーを殺しすぎるとちょっと萎える。

九頭竜君が更生しイケメンムーブする男になった。
おお、こういうキャラの覚醒はけっこう好み。
序盤あまりに態度悪いので、
さっさと殺られちゃえよ、って思ってたの撤回します。

澪田と西園寺が同時に殺される。
良いキャラだった 澪田 が死んでしまったのが悲しい。
西園寺はまあ……好きじゃないので何も思わなかった。
好きになれる要素がなさすぎる……。

チャプター3【マイ推理】

澪田が首をつる瞬間を日向君は見ていない。
 つまり日向君が見たのは別人では?
 →正解。犯人が澪田のふりをしていました。
西園寺に対し犯人は止血を試みている。
 血が飛び散っていると犯人は困る?
犯行現場はライブハウスではなさそう。
ロウソクと薄暗さでライブハウスに見せかけたと思われる。
病院の会議室で犯人は映像を撮影したっぽい。
 犯人は罪木と推理!
 →正解

チャプター3【感想】

罪木が犯人であることがけっこうあっさり推理できてしまったので何も驚きがなかった。
罪木の犯行動機がよく分からないので、すごいモヤモヤが残るチャプターだった。
チャプター3の最後、
バズーカで重症を負った弐大がロボとなって帰還する。
さらにファンタジー要素を重ねられてテンションがぐっと下がった。

チャプター4【プレイ内容】

全員、変な施設に監禁される。
食料は配給されないため、
誰かを殺さないと餓死してしまう。
「自分の死」は動機として強すぎるのでちょっと無理やり感がある。
動機を与えて殺人を唆すというレベルを超えている。

コミュで終里を選択。
食料なんかない状態なのに、
「飯を食った」みたいな発言をされる。
状況に合わせてコミュ内容を変更するみたいなフラグはないらしい。

ロボ弐大が殺された。
誰かを殺さないと自分が餓死する状態なら、
人間っぽくないロボを殺しに行くっていうのは合理的だと思った。

チャプター4【マイ推理】

調査でファイナルデッドルームに入るが、謎が全然解けない。
僕の脳みそでは正答を導けず攻略サイトに頼ることになった。
 床に書いてある方角とか全く気づかなかった…。

1の殺人と共通事項が多い。
 ならば弐大ロボは自殺?みんなを飢餓状態から救いたかったのか?
 →違った。
狛枝君がいきなり日向君に冷たくなった。
 日向君は超高校級の才能がない?
 →予備学科の生徒だった。
最終推理。
 弐大ロボの自殺と思われる。
 →くそ違います。

チャプター4【感想】

犯人は田中だった。
学級裁判のオクタゴンのエリアセレクトで超苦戦した。
六角形から四角をくり抜くとオクタゴンになる、
ってそんなん分かるか!
適当にリトライして数撃ちゃ当たる作戦でなんとか突破した。

学級裁判では最終的に田中のハムスターの呼び名を指摘する必要がある。
しかし、田中はセリフがくそウザイ厨二なので僕は基本的にまともに読んでいなかった。
そのせいでめっちゃ苦しんだ。

トリックはけっこう陳腐というか、
実行不可能な感じが残念。
ハムスターで弐大の首の後ろの停止スイッチを押す、
とかファンタジーすぎる。

ドアノブにロープを引っ掛け、
目覚めた弐大が自動的に落下するよう田中は仕向けた。
これも実現性がない。
そもそも、ドアノブの奥なら段差があるからロープが引っかるけど、
中あたりにロープ置くだけでは即座に滑って落下すると思う。

おしおき前に田中が「生きることを諦めるな」みたいなことを言っていたが、
全然感情移入できなかった。
たぶん感動しなきゃいけないシーンなんだけど乗り切れなかった。
厨二セリフとファンタジー要素の多さが僕のやる気をゴリゴリ削った。
チャプター4も3に引き続きいまいちな印象が残っている。

チャプター5【プレイ内容】

新しく開放されたエリアを探索。
工場で人っぽいロボットが作られている。
 誰かがロボの可能性がある。常識がない七海とかがロボなのでは?
 →惜しい。七海は皆の記憶から作成されたAIでした。

狛枝君が島ごと吹き飛ばす爆弾をどこぞかに設置。
皆で探索していると、狛枝君は殺されていた。

チャプター5【マイ推理】

狛枝君の部屋の冷蔵庫に毒薬が存在する。
 これ自殺では?犯人は狛枝君自身とみた!
 →違います。

チャプター5【感想】

ソニアの反論ショーダウンに困った。
何やっても先に進めなくて、項垂れながら攻略サイトを閲覧した。
「セリフが重なった状態で切りましょう」ってわかるかそんなの!

七海が裏切り者であることが判明する。
たぶん、ここも感動しなきゃいけないシーンなんだけどあまり僕はノレなかった。

狛枝君の自分を死を利用したデストラップはお見事。
個人的に2で一番好きなキャラかもしれない。
狛枝君の暴れっぷりが2を魅力的な作品にしていると思う。

チャプター6【プレイ内容】

希望ヶ峰学園内を探索することに。
調査するうちに画面がどんどんバグっていく演出は良かった。
世界が壊れていく感じが背筋をゾクゾクさせてくれた。

チャプター6【マイ推理】

新しい情報がどんどん出てきて、
探索に没頭していたせいか、
メモが一行しか残っていなかった。

画面がバグってる
 仮想世界なんじゃ?
 →正解

チャプター6【感想】

苗木くん達が 増援に来る演出はありきたりだけど盛り上がる。
日向君たちが絶望の残党という展開は全く想像していなかった。
日向君に至っては何の才能もない予備学科生徒とミスリードしてからの、被検体→才能キメラ。
そしてラスボスは1に引き続き江ノ島盾子。
1の時も思ったけどキャラの立ちっぷりが凄い。
最終的に日向くんが覚醒する展開。これは熱い。

正直、チャプター3~5でちょっと嫌になってたので、
それをひっくり返す展開に興奮した。

全体的な感想

正直、好きになれないキャラがけっこういた。
田中は台詞が面倒くさい。
西園寺は単純に性格悪すぎて魅力を感じない。
終里はただのバカだし、正直最後まで生き残らせる必要性を感じない。
おお、いいキャラだなと思った花村とか豚十神とかがあっさり死んでしまい残念だった。
チャプター1、2、6は満足。
チャプター3~5はいまいちだった。
しかし、チャプター5に関してはアニメ「ダンガンロンパ3_絶望編」を見てからだと評価が変わる。
七海との別れに死ぬほど感情移入できるようになるので、
心が悲鳴を上げる。

学級裁判に向かうエレベーターの雰囲気とかは1の方が重厚で絶望感が漂っていた気がする。
2は全体的に重苦しさが足りない印象がある。
とはいえ、最後の盛り上がりは本当に素晴らしかった。
期待を裏切らない作品なので、
ダンガンロンパ1をクリアした方はぜひプレイしてみてほしい。

ダンガンロンパIf【感想】

1ではあっさりおっ死んだ「むくろ」が生き残るIf物語。
成田良悟 さんが書いてるだけあって面白かった。
むくろがこんなに残念かわいいキャラだったとは思わなかった。
楽しみすぎて一瞬で読み終わってしまった。
このルートのその後も読んでみたいと思わされた。

エンターテイメント

Posted by raishin