【ネタバレあり】ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生【攻略メモと感想】

エンターテイメント

初めに

ネタバレ全開でチャプターごとの感想と僕のメモを書いていきます。
未プレイ者はネタバレになるので回避推奨。

プロローグ

最初にモノクマのえげつなさを明示するためか、謎の人物が処刑された。
なんかの伏線かな? →最後までプレイしても分からなかった。
主人公含めた登場人物が自己紹介を行う。
超高校級のアイドル「舞園さやか」が可愛い。さすがはアイドル。
いい子故にさっさとおっ死ぬ気がする。→チャプター1で亡くなりました。
「霧切響子」から濃厚なヒロインの香りが漂っていた。
雰囲気がすごい探偵っぽい。→正解。超高校級の探偵だった。

チャプター1【プレイ内容】

アイドル「舞園さやか」の言動・笑顔が仮面くさい。
怪しい。
結局、最初の被害者としてアイドルさんは殺されてしまった。

チャプター1【マイ推理】

部屋の中の不自然な争い跡
 刀傷が多すぎる。
 こんなのおかしい。
 毎年コナンの映画を見ている僕には分かる。
 不自然だ。

 →刀傷の多さは何も問題なかった。マイ推理大外れ。
部屋の中で掃除した跡が…。
 髪の毛が特徴的ななのが犯人では?
 →正解?主人公が犯人でないことを証明するために使われた証拠だった。
ダイイングメッセージの11037
 ひっくり返すとLEONと読める。犯人はレオン!
 →大正解。流石にチャプター1、簡単だった。

チャプター1の感想

アイドルちゃんは主人公を利用しようとしたことは間違いない。
彼女の語った心境のどこまでが本音で、どこまで演技だったのかまるで分からなかった。
被害者のアイドルも犯人のレオンも悪いやつではないってのがやりきれない気持ちを抱かせる。
超美人が自分の色を意識して使ってくる怖さを味わえるシナリオ。

チャプター2 【プレイ内容】

チャプター2の冒頭でモノクマが
「秩序は犠牲と責任の上にのみ成り立つ」という名言を吐いていた。
自身を含め果たしてどのくらいの日本国民が上記を理解して生きているだろう。
日本社会のこの先を軽く憂いながらチャプター2を読み進めた。

自由行動では「超高校級のギャンブラー」であるセレスと同行。
セレスとのコミュ内で唐突に「アカギ」ネタをぶっ込んできた。
セレスはアカギと鷲巣相手に鷲巣麻雀して勝利しているらしい。
上記設定で死に様が無様だったらチュンソフトに文句を言ってやろうと僕は決意した。

読み進めていくと「超高校級の文学少女」腐川がいきなり「超高校級の御曹司」十神に惚れていた。これの理由ってどこかで分かるのだろうか?
そうこうしているうちに「超高校級のプログラマー」不二咲千尋が殺された。

チャプター2【マイ推理】

ダンベルが凶器?
 重いものもてるのが犯人なのかもしれない。
 →正解。
女子更衣室に犯人は入れた
 犯人が女性だとダンベル殴るの難しくない?相反する。
 女?男?どっちやねん?
 →結局、男性でした。
最終的な犯人推測
 僕の推理では「文学少女」腐川が犯人
 →クソ違いました。

チャプター2の感想

自分の推理は大外れ。
おそらくチュンソフト制作陣の思惑通りに思考を誘導された。
→「文学少女」腐川が怪しい。
→なんと、真犯人は十神だったか。
→え、他に真犯人おるの?
あまりに思惑通りに誘導され、してやられた感を抱いた。
チュンソフトいい仕事をしよる。
被害者も加害者も悪いやつではないのがとても悲しい。
好ましいキャラがあっさり死んでいくのってなんか新鮮。
開けちゃいけない心の扉が空きそう……。
犯人のおしおきによる殺され方が実にエグかった。
死ぬほど撹拌されてバターになるって……。
映画「ソウ」シリーズを想起させるような悪辣な殺し方だった。

チャプター3 【プレイ内容】

大量殺人鬼と判明したジェノサイダー翔みたいなキャラがサスペンスものの味方陣営にいるってけっこうシュールだな、とチャプター3の冒頭でふと思った。

チャプター3で少し学校外の世界のことに触れられている。
 え?外の世界ってもしかして滅亡してる?
 →半分正解?ほぼ滅亡してる?最後までプレイしたけどはっきりとは判明していなかった気がする。

モノクマの操縦者について
 そもそもモノクマの操縦者って人間ではないのでは?
 →クソ違います。人間でした

死んだ奴らが一緒に写っている写真を見つける。
 え?元々、知り合いだったのだろうか?
 →知り合いでした。クラスメイトでした。

成功した犯人(クロ)は脱出時に100億円を貰える、という新たな動機が提示された。

霧切さんとコミュ。
コーヒーを渡したら効果大。探偵っぽい人にはコーヒーが喜ばれると思っていたので想定通りの結果。
彼女は記憶喪失みたいな言動をしていた。
→結果的には全員記憶喪失だった。

朝比奈さんとコミュ。
主人公は競泳水着を彼女にプレゼント。
女子高校生に競泳水着を貢ぐ主人公。まごうことなき変態。
喜ぶ朝比奈さんもかなりのド変態な気がする。
シーンを動画として僕の脳内で想像してみたが、
インモラルとしか言いようがない。

そうこうしているうちに山田と石丸が殺された。

チャプター3【マイ推理】

セレスと山田の挙動。
 セレスが怪しい言動をしている。
 山田の死に方も怪しい。ほんとに死んでる?死んでなかったのでは?
 →珍しく正解。山田は死んだふりをしていた。
モノクマファイルに死亡時刻が記載されていない。
 時間が事件に密接に関係しているのでは?
 →正解。2つの事件の時間が重要だった。
死体の移動について
 山田が自分で移動したのでは?
 →正解。
不審者について
 セレスの目撃証言が詳細すぎる気がした。
 →学級裁判で特に触れられなかった
山田のメガネについて
 自分で拭いたのでは?
 →正解
最終的な犯人予測
 色々と怪しい動きをしているセレス
 →正解

チャプター3の感想

犯人が予想通りだったのが残念。
トリックにもちょっと無理がある気がした。
腐川が寝ている部屋から死体を台座に載っけて移動する、
とかさすがに起きるでしょ。
セレスの動機もクソみたいな動機で残念。
「西洋の城で男を侍らすために金が必要」って。
チャプター1と2の犯人がまともだっただけに肩透かし感があった。
セレスの散りざまは天晴だったけど、
アカギとか鷲巣に勝ったんだったらもう少しまともなトリック用意できなかったのか。
被害者の山田はひたすらウザイだけのキャラだったし、
石丸もそこまで強烈な印象は残っていないキャラだったから、
死んでも「ふーん」としか思わなかった。
このチャプターはいまいちだった。

チャプター4【プレイ内容】

内通者はなんと【超高校級の格闘家】さくらちゃんだった。

学園長が学園に学生を閉じ込める本計画の首謀者らしい。

霧切さんについて。
 チャプター4に入って自分なりにその正体を推理してみた。
 霧を切ると書いて霧切。
 霧といえばロンドン。
 ロンドンといえばシャーロックホームズ。
 霧という謎を切るという意味では探偵くさい名前ともとれる。
 この子、超高校級の探偵では?
 →正解。とはいえここまでくれば大多数の人が正解できる。

内通者であったさくらちゃん死す。

チャプター4【マイ推理】

誰がさくらちゃんを殺せたのか。
 朝比奈では?
 超強いさくらちゃんを他のメンバーでは殺せないのでは。
 朝比奈なら「私のために死んでほしい」とかいえばワンチャン殺せるのでは?
 →クソ違いました。
プロテインに毒を混ぜて毒殺?
 なおさら朝比奈犯人説が濃厚に。
 これなら油断したさくらちゃんに毒を飲ませられる。
 →クソ違いました。
最終的な犯人予測。
 犯人は朝比奈、間違いない。
 →クソ違いました。自殺でした。

チャプター4の感想

チャプター4もチュンソフトにうまく誘導されてしまった。
完全に朝比奈が犯人だと思っていた。
まさかの自殺。
その後朝比奈が操作撹乱。
この流れは全く読めていなかった。
さくらちゃんがいい子すぎて結末が辛かった

チャプター5【プレイ内容】

一年前に起こった絶望的事件
 「むくろ」という16人目の参加者が大量殺人をしたに違いない!
 →クソハズレ。外の世界が滅亡?したことがそれに値するっぽい?

「むくろ」さんは小柄な軍人らしい。
 主人公がむくろだったりして?
 もしくは朝比奈がむくろなのでは?
 →クソ違いました。

戦刃むくろが死体で発見される。

チャプター5【マイ推理】

このチャプターだけ推理中にメモってなかった。
ぶっちゃけ全然犯人は分からんかった。
ただ、朝比奈が怪しいと疑っていたことを覚えている。

チャプター5の感想

学級裁判で霧切さんの嘘を追求したら、
あっさり霧切さんが殺されてかなり驚愕した。
追求しなければ今度は主人公が処刑されかけて、
予想もしない展開に興奮した。
このチャプターで霧切さんの能力が判明する。
予想通り「超高校級の探偵」だった。

面白いゲームは後半になると熱中しすぎてメモをとらなくなってしまうので見返すときに困る。
全然推理のメモを取っていなかったことから、
僕はそうとう集中してプレイしていたと思われる。

チャプター6【プレイ内容】

学園の謎と「むくろ」殺人の謎を解けば主人公たちの勝利となる。
処刑を免れた主人公達はさっそく捜査を始めるが……。

チャプター6【マイ推理】

チャプター4で朝比奈がみんなを道連れに殺そうとした。
 やはり朝比奈が内通者なのでは?
 →クソ違います。
結局むくろを殺したのは?
 朝比奈が怪しい。
 →クソ違います。黒幕でした。
朝比奈が情報処理室から早く出ようと急かした。
 怪しい。やっぱこいつ怪しい。
 朝比奈と共犯者が交互にモノクマ動かしているのでは?
 朝比奈そもそも「超高校級のスイマー」ではなく「超高校級の絶望」なのでは?
 →クソ違います。
むくろのプロフィールが公開。
 謎は解けた!
 細やかな数字は覚えていないが作中でスリーサイズが言及されているのは朝比奈だけだったはず。
 腐川あたりが朝比奈のスリーサイズを明言していたはず。
 やはり朝比奈がむくろだったのだ。
 →クソ違います。そもそも通信簿からプロフィール見ると朝比奈とむくろのスリーサイズ完全に異なっています。
 →通信簿からスリーサイズを確認できることを僕はクリアしてから気づきました。
最初のロケットの犠牲者
 これがむくろだったのでは?
 →クソ違います。
モノクマに殺されたのは「超高校級のギャル」のみ。
 生徒同士以外での例外的な殺人、ギャルは生きているのでは?
 →まさかの正解。
最終的な犯人予測。
 朝比奈と 「超高校級のギャル」 がグルでこいつらが「超高校級の絶望」では?
 →クソ違います。

チャプター6の感想

怒涛の展開に大満足。
チャプター4からずっと朝比奈を疑い続けていたが、結局完全な白だった。
…朝比奈さん、ごめんなさいね。
でも、色々と疑わしかったんだよなぁ。
ことごとくチュンソフトのミスリードに引っかかった気がする。
いかに自分の推理が当たらないか思い知った。
僕に探偵の才能はなさそうだ。

全体的な感想

超面白かった。
一時期話題になったことは知ってたけど、
こんなにおもしろいとは思ってなかった。
これは人におすすめしたい名作だ。

1をクリアしただけだと、まだまだ謎は残っている。
外の絶望的事件のこととか、
主人公の家族のこととか、
主人公たちのその後とか、
知りたいことはてんこ盛りなので、
それをモチベーションに続けてダンガンロンパ2に着手しようと思う。

エンターテイメント

Posted by raishin