Windowsフォームにスクロールバーを自動的に表示する方法

2022年4月12日C#,ITVisualStudio,Windowsフォーム

スクロールバーが表示されない問題

コンテンツが表示可能範囲より大きい場合、
デフォルトの設定だとスクロールバーが表示されません。

スクロールバーを自動的に表示する方法:コード

//スクロールバーの自動表示
AutoScroll = true;

フォームのAutoScrollにtrueを設定することでスクロールバーが自動的に表示されるようになります

スクロールバーを自動的に表示する方法:プロパティ

VisualStudio上のプロパティを設定してもスクロールバーを自動表示することができます。
プロパティのAutoScrollにtrueを設定します。


こんな感じにスクロールバーが表示されるはずです。

スクロールバーを非表示にしたい

//スクロールバーの非表示
AutoScroll = false;

スクロールバーを非表示にする場合はAutoScrollにfalseを設定します。


表示していたスクロールバーが消えたのが分かると思います。

まとめ

モニター解像度の分布を見ると1920×1080が最大シェアのようです。
それに合わせてアプリケーションを作成する機会が増えるため、
スクロールバーが必要になる場面は増えると思われます。

Windowsフォーム関連記事

2022年4月12日C#,ITVisualStudio,Windowsフォーム

Posted by raishin