Windowsフォームの最大化・最小化の禁止設定

2022年4月12日C#,ITVisualStudio,Windowsフォーム

なぜWindowsフォームの最大化・最小化を禁止する必要があるか?

Windowsフォームを最大化することによってデザインが崩れることがあります。
また、ITリテラシーが低い人が使用するアプリの場合、
最小化を押して画面がどっかに行ってしまった、
というエンジニアには理解できないクレームをいただくこともあります(体験談)

なので、Windowsフォームの最大化・最小化の禁止が必要になることはあります。
Windowsフォームのデフォルトでは最大化も最小化もできる状態になっています。

最大化・最小化が可能

上記画像の右上に最小化ボタン・最大化ボタンが表示されます。
これを消していきます。

Windowsフォームの最大化・最小化ボタンを消す方法:コード

//最大化ボタンを非表示
this.MaximizeBox = false;
//最小化ボタンを非表示
this.MinimizeBox = false;

上記コードを設定することで、最大化・最小化ボタンを消せます。

Windowsフォームの最大化・最小化ボタンを消す方法:プロパティ

プロパティで設定する場合は下記のように修正してください。
MaximizeBoxプロパティfalseを設定することで最大化ボタンを非表示にできます。
MinimizeBoxプロパティにfalseを設定することで最小化ボタンを非表示にできます。

期待結果

期待結果

上記画像のように、右上の最小化・最大化ボタンが消えていればOKです。

まとめ

お客様が触る段階で最大化ボタンを表示していたため、
デザインが崩壊する様を目撃されてしまった苦い経験があります。
僕のような失敗を回避するために先回りして設定しておくと良いでしょう。

Windowsフォーム関連記事

2022年4月12日C#,ITVisualStudio,Windowsフォーム

Posted by raishin