出汁で食べる風変わりな焼肉「焼肉の名門 天壇(銀座店)」をおすすめしたい

グルメ

店の情報

店の特徴

お出汁に焼肉を漬けていただく風変わりな方式。
かなり珍しい方式なので一度は体験して頂きたい。

混み具合

11:30開店だが、11:00からお店の前で待つことができる。
平日の11:20にお店にお邪魔した時、すでに三組ほど並んでいた。
土日はもっと混むと思われるので早めに並ぶ or 予約をして伺いたい。

店の場所(銀座店)

最寄り駅は東銀座。
東銀座から数分もかからない位置にある。
銀座からも徒歩で10分かからない。

他の店舗

都内だと赤坂店が存在する。
京都には本店がある。

営業日

定休日

なし

営業時間

ランチ  11:30~15:00
ディナー 17:00~23:00

ディナーだとけっこうなお値段になる。
まずはランチで様子見すべき。

オペレーション

そこまで待った記憶がないので手際は良いと思われる。

接客

丁寧な接客だった。
まったく不満はない。

カウンター席は眺望が素晴らしい。
夜は銀座の夜景が見れる。
デートに使いやすい。

カウンター席があるので一人でも来店しやすいのが素敵。

メニュー

ランチメニュー

頼んだメニュー

天壇ロースランチ:税込1650円

・サラダ
・前菜
・ごはん:お代わり自由
・スープ:お代わり自由
・天壇ロース
・デザート

・ドリンク(ほうじ茶orコーヒー)
という構成で税込1650円。

サラダ・前菜

サラダは可もなく不可もないお味。
野菜の鮮度はけっこう良さそうだった。

前菜のキムチ・ナムルも美味しいが、飛び抜けて美味しかったのが肉の煮物。
牛タンを甘辛く煮込んだもので「タンチム」という料理らしい。
これだけで白米がだいぶ進んでしまった。

ご飯とスープ

ご飯とスープはお代わり自由なのが嬉しい。
ご飯はともかくスープがお代わり自由なのは珍しいと思った。

天壇ロース

薄く切った上質なロースを「天壇ロース」と名付けているっぽい。

天壇が他のお店と決定的に違うのが、焼いた肉を漬けるのがお出汁だということ。
正直、「奇をてらっただけで美味しくないんじゃないか?」と疑っていた。
しかし、食べてみるとあっさりしていて美味しい。
「お出汁で食べる焼肉、ありだな」と素直に思えた。

天壇ロースはけっこう脂身が多いので個人的には普通のロースやカルビをおすすめしたい。
脂身好きな人には強くおすすめできる。

デザート&ほうじ茶

食後はデザートにほうじ茶orコーヒーが付いてくる。

ロース・カルビランチ:税込1650円 おすすめ

お肉の種類以外は天壇ロースランチと同じ。
・サラダ
・前菜
・ごはん:お代わり自由
・スープ:お代わり自由
・ロース&カルビ
・デザート

・ドリンク(ほうじ茶orコーヒー)
という構成で税込1650円。

ロース&カルビ おすすめ

個人的に天壇ロースランチよりロース&カルビランチがおすすめ。

カルビは出汁に浸して食べると余計な油分が落ちる。
あっさりしているのに肉の旨味を存分に味わえる。

ロースは天壇ロースより脂身が少ない。
僕は普通のロースの方が好みだった。

肉の量も天壇ロースランチよりロース&カルビランチの方が多い。

総評

お出汁で食べる焼肉を味わえる。
焼肉の新しい食べ方を探している人におすすめ。

まとめ

・カウンター席は眺望が良い
・銀座にある
・お出しで食べる焼肉という物珍しさがあり、エンターテインメント性が高い。
・ランチならそこまで高くない。

以上の理由により銀座デートに最適のお店。

カウンター席があるので一人でふらっと入れるのも良い。

想像以上にお出しで食べる焼肉は美味かった。
ぜひ、一度体験していただきたい。

グルメ

Posted by raishin